日本人に勇気を与えてくれた三浦雄一郎さん - 小田原市 整体 カイロプラクティック

鴨宮治療院

健康コラム

日本人に勇気を与えてくれた三浦雄一郎さん

80歳にして、エベレスト登頂を達成する精神力はすごい!

日本に無事帰国され、みのさんの朝ズバッ!に生出演され時、
一番苦しかったのは、いつでしたかの質問に、
標高6500m地点で、足が動かなくなってしまったことと即座に答えられました。
原因は、はっきりしていると続けて語られました。
山頂に、酸素マスクをつけずに1時間以上いたことが悪かったと。
体調が良く、天候が良く、ほかの登頂者が来なかったからではないだろうか。
今回、三浦チームで登頂したのは10名。三浦雄一郎さん豪太さんクラオカさんカメラマンの平出さん、そして現地のシェルパ6名。
今シーズンだけで、すでに467名が登頂しているそうです。

Photo_8

平成25年5月23日(木) 日本時間 昼12時15分 3度目のエベレスト登頂

そして、豪太さんがすごい事実を語った。
8848mの山頂はデスゾーン、一般人だと6分で失神し死に至るそうです。
そう言えば、朋子夫人が登頂時、雄一郎氏に、
なるだけ早く下りてきてくださいと言われていた。
山頂に魔が潜んでいるのかもしれない。
登頂しても、その後遭難してしまうケースも多々あるので、とても怖い話です。

  

しかしご無事で帰国されたこと、本当に良かったと心より安堵致しました。

今回の、三浦雄一郎氏語録

・H24年10月12日 80歳の誕生日 
 「頂上に行けるかどうかわからないが、限界まで行ってみたい。
                       限界が頂上なら、こんないいことはない」

・平成25年5月23日(木)日本時間 昼12時15分3度目のエベレスト登頂時
 「世界最高の気分です。人生、これ以上ないという気分。80歳、まだまだ行ける。
  これ以上ないというくらい疲れています。頑張って頑張ってたどり着きました。
  ヒマラヤの素晴らしい景色が眼下に広がっています。」

・無事下山し、カトマンズ記者会見
 「命懸けで登って、生き延びて帰ってきました。夢は実現し、使命も尽くした。しばらく休みたい」
 「人生、諦めなければ夢は実現できる。素晴らしい宝物をもらった」
 「80歳はまだ、人生のスタート」

・5月29日、都内のクラーク記念国際高校で記者会見
 「楽しみながら、苦しみながら、命がけで夢を達成できた」
 今後のエベレスト挑戦は「3回やったら十分。今のところ考えていない」
 「いずれ親子でチョー・オユー(8201m)の頂上からスキーで滑ってみたい」

 

※クラーク記念国際高校とは、1992年に開校した、広域通信制の高校。
36都道府県に50以上の教育拠点を持ち、不登校や引きこもりを経験した生徒など、1万人以上が学んでいます。

読売新聞に連載された「時代の証言者」(H24年3月22日~4月30日まで27回)を読ませて頂き、
三浦さんの人生観、生き様に感動しました。
そして今話題の、本田圭佑氏の言動が、見事にオーバーラップしました。

このお二人のメッセージは、今の日本人に、
大きな気づきと感動、そして勇気を与えてくれると思いました。

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

小田原市,鴨宮駅の整体

土日、祝日も受付 平日土曜20時まで受付 治療歴39年の実績 鴨宮駅より徒歩9分 駐車場あり

慢性腰痛・坐骨神経痛を根本解消したい方へ

肩こり・頭痛を早く解消したい方へ