「シンクロラボ・ケアシステム」セミナーが、いよいよスタート! - 小田原市 整体 カイロプラクティック

鴨宮治療院

健康コラム

「シンクロラボ・ケアシステム」セミナーが、いよいよスタート!

2013年(H25)7月28日(日)、会場は日本赤十字社ビル。
かねてから念願であった、「シンクロラボ・ケアシステム」を、一般に公開して、
行き詰まった医学界に、根本治療の新風を吹き込もうという計画が大きく前進しました
             (ベーシック・セミナーの後半は、8月25日(日)同会場)

Photo_2

講師は、シンクロラボ代表の小柳泰博先生。
カイロプラクティックの業界では有名な、カリスマ治療家。
      小柳先生のプロフィール

余談ですが、最近話題となった、菅井円加さんも、小柳先生の患者さんのお一人。
Photo_3平成24年2月に、ローザンヌ国際バレエコンクールに優勝。
日本人が1位に輝くのは、あの熊川哲也さん以来の快挙!! と、話題になった。
菅井円加さんは、この秋からは、(同コンクールの)スカラシップを利用して、
ドイツ・ハンブルグのナショナル・ユースバレエへの入団を選んだ。
ナショナル・ユースバレエはハンブルグ・バレエ団のジュニア・カンパニーとして
2011年9月に設立されたばかり。18~23歳のメンバーで構成され、現在団員は8人。
とはいえ母体は、現代振付家の巨匠、ジョン・ノイマイヤー率いるハンブルグ・バレエ団である。

 

記念すべき第一回のセミナーがスタートしました。


これからお話する「シンクロラボ・ケアシステム」は、カイロプラクティックではありません。
オステオパシーでも、整体でもありません。

現在持っている知識、技術を物差しにして、対比させながら聞いていると、内容に食い違いがあった時に、つい批判したくなったり否定したくなったりするものです。その結果、そこで引っかかって話についてこれずに迷子になってしまうことがよくあります。
限られた時間で正確に理解していただくためには、今まで培ってきた数々の知識・技術を括弧で括って、横に置いていただいて、終わるまでそこに戻らないことが一番です。

と、まず話され、セミナーは核心に入りました。

 「シンクロラボ・ケアシステム」の目的は、
1.本来、身体自体が歩行動作により、全身のバランスが回復するように創られているので、
 その状態に戻すことを目的としています。

2.「重心の偏りが、筋骨格系の崩れの原因である」と断言。
 ①骨格に起こる異常の出発点が、足の爪先の横アーチである。

 ②重心の掛かり方の違いによって、幾つかのパターンで症状が進行していく。

 ③6つのキーワード
  ⅰ「重心足/軸足」
  ⅱ「爪先/踵重心」
  ⅲ「軸足が踵/上体が前、軸足が爪先/上体が後ろ」
  ⅳ「身体の崩れは爪先から」
  ⅴ「初期症状は片側、慢性の症状は両側」
  ⅵ「左右踵重心と爪先重心の、症状進行4パターン」

セミナーの内容の素晴らしさ
(小柳先生の「シンクロラボ・ケアシステム」にかける強い信念を感じました)、
このバランス調整の結果が、短下肢・長下肢という現象も引き起こすのであって、
仙腸関節の変位が原因で、
短下肢・長下肢が生まれたわけではないのです。
今までの殆どのテクニックは因果関係を逆に捉えてきたのです。
これこそが100年以上もカイロプラクティックの発展を阻んできた根本原因だと言えます。
      (セミナーテキストの20頁上段に記載)
対外的なセミナーがスタートした日に立ち会えたことなど、
誠に光栄であり、心から感謝致しております。

開催後、科学新聞社の斎藤社長より、
このセミナーは、是非シリーズ化して続けたほうがいいと提案があり、
小柳代表が快く受諾されました。

Photo今回は、副代表であり、この「シンクロラボ・ケアシステム」の発見者である
森田哲矢氏が、参加できなかったことが誠に残念でしたが、
この二人のカリスマ治療家によって、確実に発展普及して行くことでしょう!


僕も、一日でも早くこの素晴らしい自然医学を体得し、
微力ながら、医学界と人類の健康の向上に、協力させて頂こうと心に強く誓いました。

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

小田原市,鴨宮駅の整体

土日、祝日も受付 平日土曜20時まで受付 治療歴39年の実績 鴨宮駅より徒歩9分 駐車場あり

慢性腰痛・坐骨神経痛を根本解消したい方へ

肩こり・頭痛を早く解消したい方へ