本田圭佑、ACミラン入団前にバセドウ氏病手術! - 小田原市 整体 カイロプラクティック

鴨宮治療院

健康コラム

本田圭佑、ACミラン入団前にバセドウ氏病手術!

日本代表のエースMF本田圭佑(27=ACミラン)が、
頸部(けいぶ)の手術を受けていたことが1日、明らかになった。

首の付け根付近を横に約10センチ、メスを入れた。

日刊スポーツの取材では昨年12月にCSKAモスクワを退団してから、
今年1月にACミラン入りするまでの1カ月間に、
国内で手術に踏み切ったものとみられる。

日本のエースは悲壮な覚悟で、優勝を公言する自身2度目のW杯に臨む。
(2014年6月2日の、日刊スポーツ紙面より)

ミニゲームで汗を流す本田。首元には手術痕が見受けられる(撮影・狩俣裕三)

本田が首にメスを入れていたことが判明した。
頸部に横に10センチほどある生々しい傷。
赤みがかった手術痕は、病に苦しんだことを物語っている。

W杯に 向けた最終合宿地となるフロリダ入りした5月29日(日本時間同30日未明)、
チャーター機で到着したタンパ国際空港内。

日刊スポーツの頸部手術歴に関する問いに、
本田は「何もないよ。何でもない」とだけ語り、
病名と手術時期については明言を避けた。

決意のW杯になる。

2得点を決めて世界16強進出に貢献した
10年南アフリカ大会後からの4年間で、3度の手術を受けた。

11年9月にバルセロナで右膝 半月板、
12年6月には視力回復の手術。
そして今回はサッカー選手特有の足などの負傷ではなく、
体の中心部にまでもメスを入れた。

それも「集大成」と位置 づける今回のブラジル大会で、
公言するW杯優勝という目標を達成するために、
体をより万全の状態にしようという決断だった。

5月31日(同1日未明)に、合宿地で行われた報道陣の共同取材。
英語で「優勝できるのか?」と問われた本田は「Yeah(はい)」と即答した。
さらに「逃げ道はない」「世界を驚かせたい、そう強く思っている」と続けた。

揺るぎない信念を貫き通す覚悟がある。
本田はここまでしても世界一にこだわる。

http://www.nikkansports.com/brazil2014/news/p-sc-tp0-20140602-1310961.html

 

日本代表のエースMF本田圭佑が4日(日本時間5日未明)に、
遠征先の宿舎ホテルで今合宿2度目の共同取材に応じた。
(2014年6月5日の、日刊スポーツ紙面より)

宿舎で会見を行う本田(撮影・狩俣裕三)

ACミラン入りする直前の昨年12月に、
頸部(けいぶ)手術を受けたという日刊スポーツの独占報道についても、
報道陣から質問を受けた。

本田は「1度も自分の口から手術をしたとは言っていない」としながらも
「今、自分自身がここにいるということだけで、十分なんじゃないですか」と答えた。
以上、日刊スポーツ紙面より抜粋

本田の顔つきの変化(バセドウ氏病ではないかという気はしました)や、
ACミランへの入団が長引いたこと等に、今更ながら合点がいきました。
W杯直前になって、不安となるニュースです。

でも大丈夫です!

かなり厳しいメディカルチェックの結果、
名門チームの復活を託され、
ACミランのエースナンバー10をつけて入団したことこそが、
心配と不安を吹き飛ばしてくれる決定的な事実です!

本田は、このW杯にサッカー人生の全てをかけて、
結果を出すための課題を検討し、
着実に実践してきたと信じます。

本田の覚悟、決心、信念が、日本代表の心を一つにして、
個の力(宝)の大調和が、未知なる無限の力を引き出して、
奇跡の勝利と結果を導き出すと信じます。

この素晴らしい、世界的なお祭りを楽しみましょう!
日本代表が、大活躍、奇跡を起こすことを願い応援しましょう。
今こそ日本の「大和」繋がる絆の素晴らしさを実証する体感する大チャンスです!

頑張れ本田!頑張れ日本!!

PS. 6月9日(月)夜10時NHK「プロフェッショナル」にて、
          本田が何を語るのか。とても楽しみです。

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

小田原市,鴨宮駅の整体

土日、祝日も受付 平日土曜20時まで受付 治療歴39年の実績 鴨宮駅より徒歩9分 駐車場あり

慢性腰痛・坐骨神経痛を根本解消したい方へ

肩こり・頭痛を早く解消したい方へ