お金よりも「カープ愛」、40歳黒田投手の男気 - 小田原市 整体 カイロプラクティック

鴨宮治療院

健康コラム

お金よりも「カープ愛」、40歳黒田投手の男気

とかく世知辛い世の中にあって、男気溢れる、とても素晴らしい侍の話です。
パドレスの1800万ドル(約21億6000万円)を提示を断り、

年俸4億円プラス出来高払いの1年契約で広島と合意した。

2015年(平成27年)日本にはこのような心豊かな人物が、
次々現れる予感がしてなりません。
永瀬 郷太郎(スポーツニッポン新聞社編集委員)の記事から抜粋します。
                                   2014年12月29日

2007年にFAでメジャーに渡った黒田博樹投手が広島に復帰。
「カープ愛」を誓った男が戻り、2015年の広島は24年ぶりの優勝も(写真:スポーツニッポン)

12月27日、広島が、ヤンキースからフリーエージェント(FA)となった黒田博樹投手の
獲得を発表した。
今季の黒田は11勝9敗。日本人メジャーリーガー初となる5年連続2ケタ勝利を挙げた。
メジャー7年間の通算成績が79勝79敗、防御率3.45、
2015年の2月に40歳を迎えるとはいえ、メジャーで激しい争奪戦が繰り広げられていた。

3年間在籍したヤンキースが再契約を強く望んだのをはじめ、
2008年から4年間プレーしたドジャース、パドレスなどが獲得に乗り出していた。
中で もパドレスは今季ヤンキースでの年俸1600万ドル(約19億2000万円)を上回る
1800万ドル(約21億6000万円)を提示したと言われる。

広島と合意したのは年俸4億円プラス出来高払いの1年契約。
広島としては球団史上最高条件だが、パドレスの5分の1ほどの条件で
8年ぶりに古巣へ復帰することになる。

主力選手の相次ぐ流失で戦力は低下。1998年から15年連続Bクラスに沈んだ。
だが、地道なドラフト戦略が実を結んで投手では前田健太、大瀬良大地、
野手では菊池涼介、丸佳浩らが成長。
日本でプレーした経験のある駐米スカウト、エリック・シュールストロムの見立てによる
外国人選手も「当たり」が続き、 2013年から2年連続で3位に入った。

メジャー移籍が注目された前田健太も今オフはポスティング・システム(入札制度)の
利用を封印して残留決定。24年ぶりの優勝に向け、「恩返し」のタイミングはまさに「今でしょ」、
だったのである。

前田健太と両輪となる戦力としてはもちろん、
緒方孝市新監督が「選手たちのモチベーションも上がり、
チームにとっていい相乗効果が生まれると思う」と話し ているように、
起爆剤としての存在感、ファンに与える期待感は計り知れない。
フロントとしては黒田が以前つけていた背番号15を誰にも与えず、
空けて待っ ていた甲斐があった。

「カープ女子」に代表されるフレッシュなイメージに、
メジャーの巨額オファーを蹴って古巣へ恩返しという「男気」が加わる来季の広島。
日米通算200勝まであと18勝に迫る凱旋エースを中心に、
セ・リーグの主役に躍り出る予感がする。

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

小田原市,鴨宮駅の整体

土日、祝日も受付 平日土曜20時まで受付 治療歴39年の実績 鴨宮駅より徒歩9分 駐車場あり

慢性腰痛・坐骨神経痛を根本解消したい方へ

肩こり・頭痛を早く解消したい方へ