健康講座「生きた水」6月24日に開催しました - 小田原市 整体 カイロプラクティック

鴨宮治療院

健康コラム

健康講座「生きた水」6月24日に開催しました

 水が大事 人体の60%が水分。毎日2.5ℓを入れ替えている
      (どうせ摂るなら生きた水が良い!)
水は神秘な存在です。情報を記憶し、水を通して地球上のすべてが繋がっています。

          体内水分量
Photo_4
1. 水を飲んで健康になる(水飲み健康法・森下克也医師監修を参考)
①ポイントは2つ 慢性の脱水症状を解消天然のミネラルを摂ること
日本人は水分不足で、乾いている人が多い。水分を摂ると血液の量が増えます。
 血液の量が増えると身体中の循環が良くなります。これだけでも肩コリ、腰痛が改善されます。
③体を柔らかくするのは、お酢より水。
 水を飲むと副交感神経が優位になり、心身共にリラックスします。
体重×30mlが目安。(60キロ×30=1.8ℓ)
 こまめに飲む。目覚めの1杯、食前5~10分前にも。
⑤コーヒーやお茶は、身体の水分量を減らしている。アルコールはさらに顕著。利尿作用促進。
 ビールを1ℓ飲むと、1.5ℓの水分が排出されます。夏の浜辺でビールを飲んで遊ぶのは危険行為です。
⑥現代人は、マグネシウム不足が顕著。不足すると肩こり高血圧、心筋梗塞、骨粗しょう症、便秘。
マグネシウムは食事から摂るべき栄養素、必須ミネラルの一種です。豆腐、納豆などの大豆製品、海藻類、玄米、アーモンド、ごまなどの種子にも多く含まれています

2. 水道水に塩素を入れる日本は異常な国 
①水道水の塩素は、酵素、ビタミン、ミネラルを破壊する。
②経皮浸透、特に頭皮の毛穴は入り易い。水道水を手で搔き混ぜただけで塩素が皮膚から体内へ

3. 生きた水
①生きた水とは、醗酵水・還元水が良い(腐敗・酸化は病気や老化のもとになる)
・湧き水に近い水
・その中に浸した物が、腐らず発酵する。
・水道水を浄水するとミネラルが少なくなるので、自然塩でミネラルを摂り入れる。
 にがりはタンパク質固めるのでダメ

②ガイヤの水135で浄水した水、は本当に生きた水なのか? 実験結果発表
・4月16日からガイヤの水(生きた水と思われる)を飲み始めました。
・5月10日夜から、イチゴを4種類の水に入れて常温で放置。実験結果は?
・高血圧が深刻な悩みになっていましたが、4月20日の夜から正常値になり、
   嬉しくもあり不思議です。
・7月26日に腎機能の経過観察血液検査日。
 (5年前に痛風発作発症後、生活習慣改善を努力中。今回に期待!)
・豆乳ヨーグルトを作ってみる。
 (豆乳85㎖にガイヤの水15㎖を入れ密閉し常温で2~3日)

4.「考えるな、感じろ!」ブルース.リーの言葉です。
  良き気づきは行動に移しましょう。そして感じ、成長に繋がる。

Photo_2                         

レジュメ全文は右をクリックkenkou14.pdfをダウンロード

参考資料は右をクリックsiryou14.pdfをダウンロード

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

小田原市,鴨宮駅の整体

土日、祝日も受付 平日土曜20時まで受付 治療歴39年の実績 鴨宮駅より徒歩9分 駐車場あり

慢性腰痛・坐骨神経痛を根本解消したい方へ

肩こり・頭痛を早く解消したい方へ