池川明先生の『胎内記憶』のお話 - 小田原市 整体 カイロプラクティック

鴨宮治療院

池川明先生の『胎内記憶』のお話

ママズハグ主催の池川明先生の『胎内記憶』のお話を初めてお聴きしました。
   H30年6月28日(木)14時から 小田原生涯学習センターけやきにて。

池川明先生の誠実なお人柄と、研究の深さに感銘いたしました。
また冒頭に、写真や動画は自由に撮って、広く伝えてくださいと言ってくださいました。
そのようにおっしゃる方は、まずいらっしゃらないので敬服いたしました。

池川先生とママズハグ代表の山本加世さんです

30628_4

 

  

Img_2662_6愛情と信念をもって、分かり易くお話頂きました


1.妊娠中から3歳までは、自由にさせて上げ「愛を伝えましょう」
①存在の受容 ②信じる ③応援する
・すべてを受け切る。遊んでいて帰りたくないというならとことん付き合う。
  やるだけやったら、満足して繰り返さないもの。
  親が受け入れられる大きい心を持っているかが問われる。
・躾は、しっかりと愛したうえで叱ることです。(子供は限界を知ります)
  3歳ぐらいの子が、親の言うことを忠実に聞いていたら、かえって不気味ではないですか。
・いろいろと思い道理にはならないけれど、30歳になったら立派な大人になると信じましょう。

2.お腹の胎児に話しかけて、コミュニケーションをしっかりと取っていれば、
              育てやすい赤ちゃんとして生まれてくる。

・テレパシーで分かり合える人もいるが、妊娠して食べたいものが変わるというのも、
 テレパシーのようなものです。特に、マクドナルドのハンバーガーが無性に食べたくなるの は、胎児が好奇心でほしがっているからで、あんなに体に良くないものは、
  一度食べたら二度と食べないことが多いですよ。

3.親に虐待されて亡くなるような、悲惨な事件が頻発していることについて。
 虐待する親は、愛を知らなくて育った人。
 亡くなる子は、みんな可愛い子ばかり。
 母親に愛の素晴らしさを教えるために、そんな親を選んで生まれてくる。
 でもそのミッションに失敗して殺されてしまっても、
 その事件を知った心ある人たちが、気づき行動を起こしてくれて、
 この悲惨な事件がなくなれば無駄ではない。
  お母さんが笑顔になれば世の中はよくなります。

4.子ども(私達も)は、人世のため役立つために使命をもって生まれてきます。
       個性を伸ばす楽しい子育てをして、和やかな家庭を築きましょう!

 池川明先生、ママズハグの皆様、
  素晴らしい学びの機会を与えて頂き、誠にありがとうございました。

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方へ

小田原市,鴨宮駅の整体

土日、祝日も受付 平日土曜20時まで受付 治療歴39年の実績 鴨宮駅より徒歩9分 駐車場あり

慢性腰痛・坐骨神経痛を根本解消したい方へ

肩こり・頭痛を早く解消したい方へ