ブログBlog

Blog

0465-48-2922

受付時間

平日・土曜8:30~20:00
日曜・祝日8:30~13:00

定休日

木曜

Home > ブログ > 地方主権、小田原から日本をよくする

健康コラム

地方主権、小田原から日本をよくする

Huzi

日本人は今、生きる目標を見失っていると思います。
明治維新から141年、敗戦後64年経つが、日本人らしさ、愛国心、誇りを
失ってしまったことが原因だと思います。

 私は、東洋医学の治療を業としていることもあり、
自然界の法則の解明に強い関心を持っています。
今の日本は、陰(裏)と陽(表)のバランスがひどく悪く、陽(見える世界)が強すぎて、
陰(心、環境、いのち)が弱く、病んでいます。

このままだと、人類は長くて100年、日本国は10年で
崩壊するように思いますが、皆様はどう思われるでしょうか。

Hakone_004_2

 私は、20年前から縁あって小田原に住んでいます。

今の小田原の代名詞は、「中途半端」だと思います。
世界的観光地、箱根を頂き。年間2000万人が訪れる玄関口として、
大変恵まれた状況が続いた為か、観光都市としてのまちづくりがおろそかにされて、
ちょうど熱海のように、中心市街地の衰退が進んでいます。

 最近このような言葉を知りました。

「よそ者、若者、ばか者がまちを活性化する。」

私は正に、その三要素があてはまると思い(まだ数ヶ月は40代です)、
この原稿を書かせて頂こうと思いました。(すいません、生意気をお許し下さい)

まずは、小田原の顔である中心市街が元気になることです。
以前、小田原再生フォーラムの、様々な講師の方が、

「まずは、まち創りの方向性を分かりやすくはっきり示し、
市民と共有することです」

 「まち創りとは、30年はかかります。ただ、肚を括ってしっかりやれば、
10年でかたちに成ることもあります」

と、言われました。

 私は小田原は、観光都市を目指すべきだと思います。
観光とは、良き所を磨き、観たり訪ねて頂き喜んで頂くことです。

 小田原のよさは、豊かな自然、伝統文化、歴史。
そして、新幹線をはじめとした公共交通と道路等の利便性です。
県西地域に対しては、正にハブ的存在であり、重大な責任があります。

シェアするShare

ブログ一覧