ブログBlog

Blog

0465-48-2922

受付時間

平日・土曜8:30~20:00
日曜・祝日8:30~13:00

定休日

木曜

Home > ブログ > 政治(TPP)に関心を持とう

健康コラム

政治(TPP)に関心を持とう

マザーテレサは、『愛の反対は憎しみではなく、無関心である』と言われた。

今、政治不信とか、政治腐敗とか言われるが、
その一番の原因が、日本人の政治への無関心があると思います。

そういう私も、政治に関心を持ったのは、今から7年半前の小田原市長選挙からです。
「今そんなにひどい状況なのか」と驚き、何とかしなければ手遅れになる思い、
思いを同じくする皆さんとの市民運動に参加しました。

政治にど素人の私は、周囲の政治に詳しい諸先輩方の、
「そんなことしても無駄だ。俺たちも、散々やってきたんだから。」と言われても、
せずにはいられなくて戦いました。

そして、その結果は?
今から考えても本当に不思議なことに、すべてのことが願ったと通りに進みました。
その時、『まちを良くするのは、よそ者、若者、ばか者』と言う言葉も知りました。
時代が大きく変わってきている! そんな確信を持ちました。

そして今、とてつもなく重要な分岐点を迎え、
重要な政治的決断を迫られていると痛感します。

1. TPP(環太平洋経済連携協定)

2. その他、震災復興、原発、年金、医療、増税、環境、行革、景気対策、そして政治不信。

3. 大阪市長、知事同時選挙(11/27)にも、とても関心があります。

H23027_2

先日(10/29)の読売新聞に 、さらっと掲載されていましたが、
その後あまり話題にもならず、今日に至っております。

日本が借金地獄に陥っており、アメリカからは無理難題を押し付けられ、
政局は相変わらず政権争い。
何か危機感が感じられません。特に国民に!
ここ、一、二年で何とかしなくては、日本は崩壊してしまうのではと思い憂います。

今こそ本物の政治家、マスメディアが志を持って国民に訴えてほしい。
国家が崩壊すると言うことがどういうことなのか。今起こっている状況を正直に解りやすく教えて下さい。(池上彰氏が、またテレビに出られていたので期待します)

今ならまだ、建て直しが出来るぎりぎりの状況にあると思います。
真実を知り、至誠ある本物のリーダーのもとで、日本人が心ひとつになって、
懸命に努力すれば必ずこの苦難を乗り越え、世界中に希望と勇気を与えます。

世界を救う使命が、日本にはあります!!

シェアするShare

ブログ一覧