ブログBlog

Blog

0465-48-2922

受付時間

平日・土曜8:30~20:00
日曜・祝日8:30~13:00

定休日

木曜

Home > ブログ > 新年を迎え思うこと

健康コラム

新年を迎え思うこと

あけましておめでとうございます
穏やかな正月を、安らかな心でお過ごしのこととお慶び申し上げます

今年は珍しく、紅白歌合戦を観てからカウントダウン、新年を迎えました。

激烈な2011年が何とか終わり、2012年龍年がいよいよ始まったと、
身の引き締まる思いが致しました。 
                                        日本では、節度を持つことを大切にし、古きを一掃し、心機一転仕切り直しして、再スタートを切る。
正月の正の字は、一に止まると書き、原点に立ち返り再スタートを切る意味があるそうです。

朝という字も、十月十日と書き、毎日が誕生日。
日々生まれ変わって、フレッシュであるとも言われています。

治療もそうですが、土台をしっかり築き、その上にコツコツと積み上げてゆくことが大事です。
努力の上に花が咲く。 継続は力なり。
そして、1+1=無限。 一人の100歩より百人の1歩。
一人で見る夢はただの夢、みんなで見る夢は現実になる(オノヨーコ)
様々な人間が協働することで、大願成就すると思います。

ただそれには、皆が歓喜する、夢と希望を信じて語り、実践するリーダーが必要です。

2012年(平成24年)は、オリンピックイヤーでもあり、アメリカとロシアでは大統領選挙が行われる。日本でも衆議院選挙が行われそうですし、人間社会に、いつも以上に争い事が増えて、人心が乱れ醜さを露呈すると、それが世の中に波及するかもしれません。

日本では、関東を中心に大震災などが起こらないことを願ってやみません。
政が乱れると、天変地異が起こると言われていますので。

とは言うものの、昨年の東日本大震災により、日本人の心が大きく変わり始め、
今年は、目に見え形となって現れる(現さなくてはならない)とても大事な年だと思うのです。

小田原も、5月に市長選挙があります。市民が主役のまちづくりを確立するためには、
市民がもっと市政に関心を持ち、協力をしなくてはありえません。

加藤市長には、大いに夢と希望を掲げていただき、市民との協働によって、
この可能性に大地に、大輪の花と、素晴らしい実を結ばせていただきたいです。

そのためには、 『観光都市宣言』を、高らかに宣言して、
「ようこそ、おもてなしのまち小田原へ!」と、観光資源を磨き高めて、
市民自身が、小田原を誇れるように向上しなくてはと思います。

これからは、在るモノを活かす(不足不満を言わない)人間力、心の時代ですから!
人間力の向上に、大いに期待しています!!

シェアするShare

ブログ一覧