ブログBlog

Blog

0465-48-2922

受付時間

平日・土曜8:30~20:00
日曜・祝日8:30~13:00

定休日

木曜

Home > ブログ > 今、日本国が破産の危機!現実を知ろう!

健康コラム

今、日本国が破産の危機!現実を知ろう!

現代はまだ、物質的には満たされているので、
これだけひどい状況下でも、絶望感は感じず、
いわゆる、平和ボケに陥っている日本人がほとんどだ思います。

しかし、先日ブログに書きましたが、1兆円をイメージできるように形にすると、
初めて事の深刻さに気づきます。

今回は、日本がとんでもない状況にあることを、僕の理解の範囲で書いてみます。

1. 国と地方を合わせた借金が、1000兆円を越えている!
 ①総税収入が42兆円なのに、医療費に37兆円(毎年1兆円づつ増えている)、
  借金の金利だけで15兆円。この二つを合わしただけで52兆円で、
  もうすでに10兆円の赤字です
 ②あの儲かって仕方がなかったバブルの時代でも、一銭も借金返済をしていません。
  返す気がないと思われますし、もうここまで来たら返せる額ではありません。
 ③42兆円の収入で、100兆円以上の生活を続けていながら、国民に危機感が全くな
  いのが一番恐ろしいことです。 いわゆる、「茹で蛙」の状況です。

 参考リンク『日本は借金の王様』http://jpnfuture.com/japan/finance_japan.html
  (僕は、株はやりません。興味も資金もありません。でも、とても参考になりました。)

035

2.国家が破綻すると、個人も破綻する現実!
    「失って初めて気づく国家のありがたさ」では困ります。

 ①物の豊かさと、便利快適な現状は、国家が健全であるおかげで成り立つ。
 ②個人の資産や、権利が保証されなくなる。
 ③健康保険も、年金支給も無くなってしまう。
 ④とんでもないインフレが起こり、物価の高騰、食料も手に入らない。
 ⑤
治安が劣悪になリ、恐ろしい状況になる。

 参考リンク
 ・
『国家破産』以後の世界 藤井厳喜氏 
         (今回初めて、インターネットで存在を知り、参考になりました。感謝)
    http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/bookstand-default.html

 ・『国家破綻・最終章』 藤原直哉氏
       (小田原を選んで移り住まれた、素晴らしいエコノミスト・シンクタンク代表)
   http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/bookstand-fujiwara0412.html

3.人間の価値観が大転換の時代を迎えています。
 ①与えられることから、与える存在に(子供から大人へ)
 ②感謝を深め、恩返しをする(地球に優しくしようは、傲慢、上から目線)
 ③不自然から自然へ(無邪気、スナオな心をとりもどす)
 ④人間は、確実に進化していますが、今が大試練。 時流、第6の波に乗ろう!
  参考リンク「第6の波」 https://kamonomiya.org/2012/02/post-0dde.html

僕たちは今、歴史的なすごい時代を生きています。
この「第6の波」に、ただ飲み込まれてしまうのか、(あの津波のように)
チャンスと捉え見事に乗りこなし、『本当の人間力』を享受できるのか?

全て今にかかっていると思えてなりません。
親祖先(先人)そして、子や孫(命のバトンを委ねて行く人々)に対して、
恥ずかしくないように、腹を据えて、全力で生きたいと思っています!

後悔しないように!!

シェアするShare

ブログ一覧