ブログBlog

Blog

0465-48-2922

受付時間

平日・土曜8:30~20:00
日曜・祝日8:30~13:00

定休日

木曜

Home > ブログ > 6月24日(日)に家庭倫理講演会が開催されました

健康コラム

6月24日(日)に家庭倫理講演会が開催されました

平成24年6月24日(日)、家庭倫理講演会が開催されました。
お陰様で天候にも恵まれ、270名の皆様にご参加いただき、大盛況でした。

来賓代表として、加藤憲一小田原市長様より、ご挨拶をいただき、
家庭の絆ができなくては、地域の絆づくりは到底できない。
教育再生は、家庭からということで、当会の活動を評価激励していただきました。

P1000321


僕も、15分間の体験報告を発表させていただき、
(実際は18分になってしまいすみませんでした)
皆様に聞いていただくことで、倫理入会から18年間の想いをまとめることができ、
今を輝かせ、次に向かうことができました。 詳しくは、ブログ「家庭倫理講演会で体験報告しました」を。

講演は、山内京子専任講師。
  テーマは、『感動が心の扉を開く』です。

P1000328
 

『心には扉がある、その扉を開ける鍵が感動です!
感動は、人間の心を変える原点であり、生きる力を湧き出させます。

感動するためには、感性を豊かにすることが大切です。
そのためには、

いのちの元に繋がること。親先祖を嫌うのは、自分を嫌うこと。

・私は、父にそっくりな、ずんぐりむっくりな手が嫌いで、人に見られることも嫌だった。
 母に、お前は父さんに似て、手先が器用と言われて育ったが、
 倫理を学ぶことで初めて、大好きだった父に申し訳なかったと詫びることができました。

・親先祖に、感謝の念を深め、繋がりを強めれば、心が強くなりプラス思考になる。

・大自然との交わりを持つことで、感性が整います。

・受容の心をもって人の話を聴き、共感するスナオな心を育て、感性を養いましょう。

 子供が望む母親の顔は、「大きな耳で、小さなお口。そしていつも笑顔なお母さん」

最後に、『わたしを見つめてください』 (山口健次 倫理研究所常任理事作)の、
詩の朗読にて締めくくられました。 

皆様のおかげで、盛況裡に開催できましたこと、心から感謝申し上げます。

シェアするShare

ブログ一覧