ブログBlog

Blog

0465-48-2922

受付時間

平日・土曜8:30~20:00
日曜・祝日8:30~13:00

定休日

木曜

Home > ブログ > 忍者サミットin小田原に参加。とてもよかったです!

健康コラム

忍者サミットin小田原に参加。とてもよかったです!

忍者サミットin小田原(H24年9月27日(木))に参加しました。

Photo_2
 018

忍者で、『風魔』 そして、そのゆかりの地が、小田原風祭とは知りませんでした。

戦国バサラNARUTO(ナルト)にて、若者が戦国武将に関心を持ち、
特に歴女と表する存在が現れ、風魔小太郎も人気があり、小田原を訪れる人も多いそうです。

しかし小田原で、風魔の存在感がなく、訪ねても何もなかったとの情報を知り、
今回の忍者サミットを企画しましたと、西川りゅうじん氏。

国際学園星瑳グループ 宮澤保夫会長は、風魔一族の末裔だそうで、当日、小冊子が配られました。
そのお話で興味深かったことは、「忍者は限られた状況で、研ぎ澄まされた技と知恵で工夫し、
結果を出す。分析実践、自助努力が大事。今こそ忍者に学ぶとき!」
なるほど、人間力が問われているのだと思いました。
020

基調講演 「城下町の観光まちづくり」
藻谷浩介氏 日本総合研究所調査部主席研究員 地域エコノミストの、お話がありました。
 022

この日は、忍者サミットの前に、小田原の中心市街地を2時間歩きながら、
藻谷さんの解説を聞くセミナーがあり、僕も参加しました。(改めてHPにアップします)

そのことも踏まえての講演でしたので、より小田原の状況にあった、お話になったと思いました。

バブル崩壊後、小田原の売り場面積は、何と30%増えたそうです。
では、売り上げはというと、16%減少しています。(東京23区10%減。横浜1%減)

024

首都圏(1都3県)の、2020年の人口予測は、72万人増加。
しかし、内情は、就労人口が減り、65歳以上の人口が激増する。

約30年後の2040年は、超高齢化社会になることは明白です。

小田原は、その超高齢化社会の代表的なまちだそうです。

そこで、藻谷さんは、「健康でみんなが力を合わせるまち創り」が大切だと言われた。

025

そして小田原は、城があり、歴史文化があり、太平洋が近い、
素晴らしい生活文化あり、『すごしたかった日常がある』

独自の地域景観を再生、補修して来訪者をおもてなしする。
それこそ、お客様が求めているもの!

これからは、買い物ではない。まちの魅力こそが大事です。
観光とは、個性を磨き、誇りをもっておもてなしすることです。

026
 033

サミットには、加藤市長と両副市長が、最初から最後まで参加され、
加藤仁司市議会議長も参加されていました。(その奥は、美甘子さんと、平林久和さん)

忍者サミットに参加して、風魔小太郎のことを知り、
僕を含め多くの市民が、小田原のことをもっと知ることが必要かと思いました。

そしてむしろ、小田原を選んで訪ねてくれる人のほうが、このまちの魅力をよく知り、
小田原市民は、そこに学ぶ必要があると思います。(来訪者目線の観光まち創り)

ゲームアナリストの平林久和さん(小田高出身)が、とても面白いアイデアを提供してくれました。
それは、小田原に風魔小太郎の銅像を作るのはいいが、
大きいのを1つ作るのではなく、このまちの名所に、小さい小太郎像を沢山作り、
スタンプラリーのように訪ねてもらったらいい。(忍者だから隠れているもの)

なるほどなーと思いました。
やはり優秀な人の話は聴くものだと感心いたしました。

でも、意見は意見で、判断決定するのは小田原市民。
実践するのも、その責任を負うのも私たち市民なのです。

よく話し合い、心を一つにして取り組めば、小田原は必ず良くなると思います。

シェアするShare

ブログ一覧