ブログBlog

Blog

0465-48-2922

受付時間

平日・土曜8:30~20:00
日曜・祝日8:30~13:00

定休日

木曜

Home > ブログ > 糖分の摂り過ぎは、こんなに健康に悪影響!

Q&A

糖分の摂り過ぎは、こんなに健康に悪影響!

糖分の取り過ぎで、代表的な病気は糖尿病ですが、
糖尿病が怖いのは、血管がボロボロになってしまうからです。

人間の寿命は、血管の寿命と言われています。

その他にも、糖分の取り過ぎは、
①体を冷やし、冷え性になります。

  ・低体温症の原因にも。
②緩みます。

  ・空腹時に、角砂糖1個を食べると、胃が伸びきってしまい30分間働かない(胃下垂の原因)

③低血糖症になる。
 
 ・疲れた時に、甘いものを体が要求していると、砂糖(甘いもの)を取るが、
  それは砂糖中毒の禁断症状。

④心も不安定になりやすい。
  
・身体も緩むが、心もゆるんでしまう。
  ・暴力や、引きこもりなどの引き金になっているとも言われています。

    「砂糖と心」にブログ参照 http://www.tomatohome.jp/z_topics/newpage5.htm
    糖分の量 
http://www.saishika.jp/okasi.htm

    平成24年10月30日 読売新聞朝刊より
  021

砂糖摂取を減らす秘訣は、
動物性の食物を減らすことです。

その理由は、動物食は、陽性が強い食物です。
食後に、フルーツやデザートを食べたくなります。
それは、甘い食物が陰性で、陽性に偏った体内バランスを整えたくなるためです。

生成された砂糖(不自然な食物)より、果実の方が身体には良いでしょう。 
不自然なものは食べずに、自然な食物で、旬のものを感謝していただきましょう。

シェアするShare

ブログ一覧