ブログBlog

Blog

0465-48-2922

受付時間

平日・土曜8:30~20:00
日曜・祝日8:30~13:00

定休日

木曜

Home > ブログ > レ・ミゼラブルに感涙「愛とは、生きる力」深い!

健康コラム

レ・ミゼラブルに感涙「愛とは、生きる力」深い!

1月10日(木)話題の、レ・ミゼラブル(愛を受け取ったことがない惨めな人々)を、
妻と鑑賞しました。

一言で言うと、『愛を信じてスナオに生きる』
その素晴らしさを、見事に描き出した、感動の名作でした。

025

姉の子供のために、1本のパンを盗み投獄され、
19年間の過酷な収容所生活を強いられ、
神も人も信じられぬ、すさんだ心のジャン・バルジャン。

仮釈放されるが、世間の冷たさに打ちひしがれ、
飢えた野良犬のように、軒先で眠る彼に、司教との運命の出会い。

無償の愛を与えられたことにより、改心し真心を取り戻し、
恵まれない人々に、仕事と愛を与える経営者となり、市長にまでなる。

しかし、真実の愛を追求する彼は、その安息の状況を捨て、
無実の罪に陥れられた、見知らぬ男を救うために自首をする。

黙っていれば、すべてが順風満帆にに暮らせたものを。
僕には、とても真似できない心境でした。

そこから始まる、様々な愛の人生劇。
ファンテーヌそしてコゼット。
ジャベール警部。マリウス(コゼットの恋人)。
宿屋の最低な夫婦。エポニーヌ(マリウスを愛する娘)。

レ・ミゼラブルを救うには、見返りを求めない「無償の愛」を、
最初に与えなくてはならない。

この映画を見て、
人間が生きるとは、理屈抜きで、せずにはいられないことに出会い、
一所懸命に努力すること。
そのことにより生まれる、不思議な出会いによって、
思いもしないドラマが生まれ、本当の幸せに到達できるのだろうと感じました。

神仏、愛は、私たち一人ひとりの、いのちの中にあり、、
そのいのちと心が一つになるように、心豊かに、スナオに生きることができれば、
現代では、必ずや幸せになれると、ジャン・バルジャンの生き様を観て、
感動と涙でぐちゃぐちゃになりながら、確信しました。
深い映画であり、何回でも見ることができる映画だと思いました。感謝。

追伸 この映画は、あらすじを知ってから観る事をオススメいたします。
   そして、我が妻は、何でそんなに泣けるの?と、
   目を泣きはらして、明るいところへ出ることをはばかる僕を笑っていました。

   でも間違いなく思いました。
   この人でよかった。幸せにしたいと!
   全く性格が違う夫婦ですが、仲が良ければとても上手くゆくものです(笑)

シェアするShare

ブログ一覧