ブログBlog

Blog

0465-48-2922

受付時間

平日・土曜8:30~20:00
日曜・祝日8:30~13:00

定休日

木曜

Home > ブログ > 内海聡 医師の癌に対しての考え方を紹介します

健康コラム

内海聡 医師の癌に対しての考え方を紹介します

現代人は、「癌です」と診断されると、思考停止になり、まな板の上の鯉になってしまう。
恐ろしい呪文です!
西洋医学では、ほとんどの病気の原因が不明のままで、対症療法をします。
と言う事は、癌に対しても原因究明ができていないのに、
恐ろしい怖い、対症療法(猛毒投与・焼き殺し・切り取り)に走っているのではないでしょうか?

情報知識が自由に入手することができるように成ってきた現代。
本物を見極める判断力(親身に相談に乗って下さる、良き人間関係)が重要であり、
自己責任の時代に益々なってきています。
信頼できる情報網(人脈)を持ちましょう!

内海 聡 医師  NPO薬害研究センター理事長、内科医・精神科医
現代医学のあり方に、真っ向から物申して下さる、本物のドクターです。

Photo_12

 

抗ガン剤だ、放射線治療だという前に

癌という病気の嘘とその治療のさらなる嘘は、船瀬俊介氏の「抗がん剤に殺される」や
近藤誠氏の『患者よ、がんと闘うな』をみればはっきり言って事足りる。
特に抗ガン剤という存在のアホさ加減は、すでに多くの国民の知るところとなっているが、
それでも抗ガン剤を使おうとする人が、医師どころか患者側でもこれだけ多数いることに、
日本人の愚かさと洗脳を感じずにはおれない。

それよりも問題は、あなたが癌だと診断されていることそのものである。
そして病院に行って検査を受けていることそのものである。
残念ながら日本で診断されている癌は癌ではない。
まず初歩として知った方がいいのは「癌とがんもどき」と呼ばれる、
近藤誠氏などが提唱している考え方であろう。
彼の説に従うとすれば ほとんどの人は、がんもどきであるにすぎず、
治療の必要はないばかりか、治療してしまうと極悪な増殖細胞に変性してしまう。

しかしこの癌と,がんもどきの理論でとどまっているようでは、根本的な解決は望めない。
世界中のガン治療は細胞病理説を基本としている。それはウィルヒョウの
「ガン細胞は患者が亡くなるまで無限増殖する」という考えだ。
ではどうして癌細胞が消えた人たちがいるのだろう。
つまり答えは別にあり、そもそもの癌細胞が、無限増殖するだけの細胞であるという説そのものが、間違いだと考えられるかどうかだ。

人体の中では毎日ガン細胞は最低5000個は自然に生まれているといわれている。
これについては普通の西洋医学者であっても異論は少なかろう。
それらがすぐに癌として増殖しないのは免疫やホメオスターシスが働く結果である。
人はなぜ癌になるのか、これは結局不必要な社会毒に晒されていることが主因であるが、
癌とは毒をかき集めている細胞であり、私達を守ってくれているという発想が持てるかどうか、
ここが最も大きなポイントである。

末期癌でも治る人はこの発想に気付いているし、この世に三大療法をせずに
癌が治った人が多いのは、これに基づいて治療しているからである。
それなのにまだ人々は健診をし検査をして、その癌細胞を放射線や電磁波などで刺激し、
腫瘍マーカーなどに一喜一憂している。その行為自体が癌を増やし免疫を弱め自分の治りを
妨げていることに気付かねば、ずっと医学ムラに騙され続ける。
だいたい仮にその癌が治らないとしても、治療しないほうが長生きして安らかに死ねるのに・・・。

の漢字は品が山盛り、口が三つで癌と書く)

シェアするShare

ブログ一覧